日本トップレベルの技術力とは

当社はセンターレス研削加工の専門メーカーとして、自動車部品を中心に数多くのお客様より受注を受けています。それらは様々な形状、材料、精度、数量等の制約があり、個々のニーズに対応すべく技術力を高め、他社にはない独自技術を確立しています。

センターレス研削について

安定した外径寸法が可能な研削加工
【センターレス研削加工とは】
固定されたブレードと、回転する研削砥石と調整砥石の間で工作物を支持し、外周を研削する加工方法です。
工作物にセンタ穴を必要としないため、研削盤への工作物の取り付けが不要で量産に対応。
また、工作物全体が支持されているため、研削抵抗によるたわみが少なく、精度を一定に保つことが可能です。
当社は、精度・生産力ともに

業界トップクラス!

【精度】
外径公差 φ±0.0005
真円度  0.0005以下
面粗さ  0.0001レベル可
【生産能力】
月産 1000万個以上(センターレス研削盤45台保有)

お客様の幅広いニーズにお応えします!

●特徴
①高精度 ②高量産 ③低コスト化

●分野
切削加工品、焼結成形品、鋳造加工品などの最終仕上げに幅広く活用されています。

●対応業種

自動車・光通信・OA・精密機器・金型・光学関係・電気・機械・ゲージ類 他

●用途
エンジン部品・ミッション部品・ブレーキ部品・光通信・ガイド軸・ラップ棒・精密シャフト・ゲージ類・光学機器 他

難形状品の研削も当社にお任せください!

自立しない不安定形状品など、通常は不可能なセンターレス研削も、当社の技術で対応可能です。
こちらの図のような複雑な形状の加工も、当社の技術で解決いたします。
まずはご相談ください!

平面研削・加工について

【平面研削とは】
工作物の平面を砥石を使って研削し、加工します。工作物の厚みを整えるだけでなく、精密な両面の平行度を得るために行います。

【ロータリー研削】
・ワークをマグネットテーブルで固定し、上砥石で片面研削。
・高精度・高量産性が特徴です。
・数個からの試作も対応可能。

技術力があるからこそできること

外径基準で直角度の精度保証!
バー材切断・自社製高速面取りと、端面研削、外径研削仕上げまで、一貫生産も対応可能です!

【認証取得について】

・ISO9001:2015認証取得(2016年9月)
・デンソー推奨仕入先認定